オーガニックバナナで毎朝スッキリ! オーガニックバナナで毎朝スッキリ!

腸活を間違って
認識していませんか?

大腸内には1,000種類以上、約1,000兆個以上以上の腸内細菌がいると言われています。
腸内細菌は「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の大きく3つに分類できます。

「善玉菌」が好影響を与えることは知られていますが、
どのように増やせばいいかということは、あまり知られていません。

01

ヨーグルトや発酵食品などから
活きた善玉菌を摂取する

体外から摂取する善玉菌は腸に定着しづらく、日々の排泄でほとんどなくなっていくため、継続的な補充が必要です。

02

善玉菌のエサ(栄養源)を増やすことで
菌を体内で増殖

善玉菌は大腸内で栄養源を摂取し増殖します。代表的なものが食物繊維で、大腸の入り口付近で活躍する水溶性食物繊維や奥に強い不溶性食物繊維はともに善玉菌の好物です。

多くの人が①の「善玉菌を摂取する」だけで終わっている可能性が高く、腸活のメリットを感じられない人が多くなっています。
逆に言うと、②の「善玉菌を増やす」意識を持つことで、違いを感じることができるはずです。

ただ、現代人の食生活(食の欧米化)では、1日に必要な食物繊維の摂取はハードルが高く、ましてや水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよく摂取し続けるのはさらに難しい。

日本人の食物繊維摂取量は
目標量に届いていない!

厚生労働省が定める「日本人の食事摂取基準」では、成人(18歳〜64歳)における食物繊維の目標接種量は、一日あたり男性21g以上、女性18g以上とされています。

しかし、実際の摂取量は成人男性の一日あたりの平均値で15.3g、成人女性の平均値で14.7gとなっており、毎日4〜6グラム程度の不足状態となっています。

大注目の
レジスタントスターチ

(難消化性でんぷん)

レジスタントスターチの特徴

01難消化性作用

胃や小腸で消化されず、食物繊維と同様に大腸まで届く

※でんぷんは一般的に胃や小腸で消化されてしまう

02プレバイオティクス作用

腸内細菌の栄養源となり、善玉菌を増殖、活性化

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方の機能を併せ持つ

※大腸では入口から奥の直腸まで消えずに発酵を続けてくれる

03ポストバイオティクス作用

大腸内を善玉菌が棲みやすい環境(弱酸性)にしてくれる酪酸を産生

小麦ふすま の2倍、ペクチンの4倍の酪酸を産生!

※引用元:Champ MJ 2004

レジスタントスターチと
食物繊維との生理的特性の比較

生理的特性 不溶性
食物繊維
水溶性
食物繊維
レジスタント
スターチ
大腸内
発酵特性
± +++ +++
大腸内溶物の
pH低下作用
± +++ +++
短鎖脂肪酸の
生産
+ +++ +++
糞乾燥重量の
増加作用
+++ ± +++
糞水分の
増加作用
+ ++ ++
食物の消化管通
過時間短縮作用
+++ ± ++
血算脂質
低下作用
+ +++ +++

・+マークが多いほど生理的特性が強いことを示す。
・引用元:早川享志「健康増進に寄与するルミナコイドとしてのレジスタントスターチの働き」(2013.07日本醸造協会誌)

食物繊維を超える。

まさに「腸活の救世主!」

では、みんな
レジスタントスターチを
摂取すればいいのでは?
それが進まない一番の理由は??

01

じゃがいもやお米など、昔からある天然の炭水化物系食材には微量のレジスタントスターチが含まれていますが、それらを摂取するには難消化性ではない一般的な糖質を大量に摂取しなければならない

02

最近ダイエット目的などで多くの人が取り組む糖質制限は、無意識に摂取していたレジスタントスターチの摂取自体もストップすることになる

まとめて効率よく摂取する
手段がない。。

そこで、
レジスタントスターチを
安全に
効率的に
摂取したい方へ

モニター満足度92%モニター満足度92%

国内初、グリーンバナナの
レジスタントスターチの
量産化に成功
しかもレジスタントスターチ含有量は
驚異の60%超!!

京都大学名誉教授
森谷 敏夫氏

腸活は継続することが大切です。
体に優しい天然素材の
腸活をお勧めします!

「人間の免疫は7割が腸内から獲得すると言われています。しかし、現代人は食生活が非常に偏っているので、その腸内環境を変えるのは難しいとされているんです。一つは趣向が変わらないこと。それを変えていける可能性がある、レジスタントスターチのような素材はまさに救世主です。腸内環境を整えることで、自律神経や食の趣向まで変わっていく可能性もありますから。
体の内側から美しくなると、脳に伝わって、食が変わって、より元気になる。快便、快眠、快食につながってくる。体の好循環が始まりますよ。」

ユーザーの声

メディア掲載事例

新聞

  • 2019.07.12

    日本経済新聞朝刊掲載

    青バナナから健康素材 規格外品使いデンプン粉末

  • 2019.07.13

    日本海新聞朝刊掲載

    世界の外需を鳥取へ、青バナナ原料健康素材会社を設立

  • 2019.11.25

    日本海新聞朝刊掲載

    大手コンビニとの共同開発お菓子発売

TV

  • 2019.09.08

    TV東京

    チェンジ・ザ・ワールド
    -未来を築く志-「バナナが大変身!健康で豊かな世界」

  • 2020.12.28

    NHK総合

    みんなでエール 2020⇒21
    それでも上を向いてSP コロナ禍で頑張る人へ

  • 2021.01.20

    NHK鳥取放送局

    News紹介(密着取材)

  • 2021.02.19

    NHK総合

    おはよう日本 News紹介(密着取材)

  • 2021.02.22

    NHKワールド

    NEWS BIS紹介(密着取材)

生産からお届けまで

01

南米の肥沃な大地で育つ
オーガニックバナナ

南米の北部に位置するコロンビアやエクアドル。山と海の恵みを感じられる自然環境、肥沃な大地の中でスマートスターチの原料となるバナナは丁寧に育てられています。無農薬のため、サイズ不揃いや傷などの規格外バナナも多く出ることもあり、スマートスターチに活用できるバナナの出荷は現地の雇用環境改善の取り組みとしても期待されています。

02

富士山麓にあるFUJI FACTORYで
生産 (Made in JAPAN)

南米から定温管理されたコンテナで大切に運ばれ、横浜港経由で富士山麓にある私たちのFUJI FACTORYまで運ばれてきます。そしてこのバナナの生でんぷんを作るためだけに作られた生産ラインで、手間隙かけて丁寧に作っていきます。生産スタッフも導入機械も小さな規模でのスタートですが、将来の海外プラント設置を目標に、少しづつオートメーション化の検討も進めています。

03

鳥取県八頭町の廃校活用拠点にある
SmartStarch本社より全国に発送

スマートスターチの本社は日本一人口の少ない鳥取県の田舎町の廃校舎。当社代表がまちづくりを共にした廃校活用拠点「隼Lab.(はやぶさラボ)」では、顔なじみの地域の方が富士市からの商品の到着を待ってくれています。そしてここで丁寧に検品、梱包されたものがクリックポスト(日本郵便)で全国に送られていきます。

フードロスを減らす、
SDGsに貢献する取り組み

アジア、中南米を中心とした赤道からほど近いバナナベルトに集中しているバナナ農園。日本や欧米のバナナ消費国が求めるのは大きくて傷のない綺麗なバナナばかり。でも、現地には、サイズや小さな傷などの問題で流通されない規格外のバナナも多く残っています。無農薬だからこそ多く出てしまう規格外品を、スマートスターチ は積極的に活用しています。

この取り組みは地球環境へ優しいだけでなく、現地の農園で働いている人たちの収入改善の視点からも切望されています

原料はオーガニックバナナのみ、
100%天然素材なので、
妊婦の方、お子様にも安心!

(※お子様の摂取の場合は1日5gを目安に摂取してください)

摂取の仕方

いつも摂取しているものに
混ぜるだけ!

ヨーグルトに混ぜて
プロテインと一緒に
スムージーに混ぜて
お水と一緒に
今なら専用スプーンプレゼント!

ご注文方法

  • インターネットでのご注文(24時間、365日受付可能)
  • お電話でのご注文(平日10:00~17:00)
    0120-049-566 / 通話料無料

配送について

  • スマートスターチ「お試し1ヶ月」商品はクリックポストでのお届けなります。
    (お時間の指定はできません)
  • ご注文受付後、3営業日以内に商品を発送させていただきます。

お支払い方法について

クレジットカード決済

クレジットカード決済

各種ペイサービス

各種ペイサービス

コンビニ後払い

コンビニ後払い

商品到着後、
1週間程度で請求書をお送りします。
(商品とは別送になります)

銀行振り込み(ゆうちょ銀行)

振込手数料はお客様負担となります。

ご注文・ご質問に対応させていただきます。

0120-049-566

通話料無料

平日10:00~17:00